リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー

記事一覧

現場検証ツアー @名古屋アップセット

ファイル 133-1.jpgファイル 133-2.jpg

大阪を昼前くらいに出て、目指すは名古屋へ。
大阪→名古屋 バンドツアーの王道。

名古屋も、前回のルガーツアー@今池ハックフィン以来。
アップセットはファンダンゴより少し広い感じ。
既にガーリックボーイズがリハの準備をしてました。
この日サポートしてくれたのはガーリックとアイスクリーム セヴンシャワーズ。

皆と挨拶を済まし、リハやって物販の準備。
連日ライブをやって、終わったら車で違う街に移動してまたライブやって。
そうそう、ツアーってこんなんだったなー。などと昔を思い出したりもしました。

いろいろ用を済ませて楽屋で一息ついてると、対面でラリーさんがギターの練習を
してて、それを盗撮しようと思い、デジカメを構えいざシャッターを押すと
なぜか撮れない。最終的にはカメラのモニターに「読み取り不可」みたいな
画像になってしまい、俺が「ラリーさん撮ろうと思ったらカメラ壊れちゃったよ」
と告げた所
「顔認識機能が働いたんちゃうの?」
この日一番の名言を頂きました。

前日からカメラの調子悪いなー と思ってはいましたが、それまでに撮影してた
画像がほとんど消えちゃったよ。まあ、古いカメラだからそろそろ寿命だったのかも。

もちろんラリーさんはこの件は関係ないですよ(笑)

で、この日カモメはトリを務めさせて頂きました。
大阪のお客さんと同様に、温かく迎え入れて頂けたようで嬉しかった!

俺個人としては、お恥ずかしい話 頭も身体もいっぱいいっぱいで
MCで気の利いた事の一つも言えなかったのが反省点として残りましたが
それでもお客さんの楽しそうな顔を見る事が出来て、救われた気が致します。
名古屋の皆さん、本当にありがとう!

帰りにヌンチャク時代からの友人であり、俺が尊敬するミュージシャンの1人
でもある一平君(TEASI ex.マニアックハイセンス)が、仕事中にも関わらず
駆けつけてくれました。
ケンゾーもスイッチスタイルをやっていた頃から彼と仲が良くて、一平君と
再会するのを楽しみにしていたんです。
3人とも歳も一緒だから、色んな共通点があって話してて楽しいんだよね。
俺はルガーツアーの時にも一平君と会えたのですが、ケンゾーは10数年振り。
全く変わらない彼の容姿にびっくりしていました。

少ししか話せなかったけど、再会出来て良かったー。
わざわざ来てくれてありがとう、一平君!

上が一平君とケンゾーと
下が対バンの皆さんとの集合写真です。
ラリーさん、ここでもアンドリュー君の顔が被ってて、ラリーさんの
顔が認識出来ず。

共演してくれたガーリックボーイズとアイスクリーム セヴンシャワーズの皆さん
名古屋アップセットのスタッフの皆さん、そしてこの検証ツアーに参加して下さった
お客さん、本当にありがとうございました!
良い思い出がまた一つ増えました。大感謝。

そして、ファッキューとディープの皆もお疲れ様。
大阪、名古屋 無事に終わって良かった。
次は東北で!

現場検証ツアー @大阪ファンダンゴvol1

ファイル 132-1.jpgファイル 132-2.jpgファイル 132-3.jpg

仲良し3バンドのツアー初日。
カモメは前乗りで、2日の夜には大阪の十三にINしてました。

着いて早速ガーリックボーイズのラリーさんと合流。

ラリーさん「飲もうや」
我々「はい」

翌日のライブの事もあるので、早めに宿に戻ろうと決心したのも束の間。
十三ナミヘイ通りの雰囲気と、ラリートーク(面白いのを通り越して感心してしまいます)と、ハードリカーにすっかりやられて2軒ハシゴしてしまいました。
2軒目で、ファンダンゴの加藤さんがわざわざご挨拶に来て下さいました。
色々とご迷惑ををお掛け致しまして、すみませんでした。
この場を借りて、お詫びとお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

ダーちゃんとカモスタッフとラリーさんと加藤さんは もう一軒 な感じだったので
彼等と別れを告げて、他の4人で宿へ踵を返すとホルモン焼き屋の看板を発見。
旅の疲れやら、知らない土地の物珍しさやら色んなテンションが
入り交じり、「せっかくなんで」 を合い言葉にここでも一杯。
珍味を堪能致しました。旨かったなー。

宿に着いて、ガネと色々話す。お互い熱く話していましたが
内容はアルコールが全て飛ばしてしまいました。
良い話をしてた気がします。


翌日に備え就寝。

起きたらやはり二日酔い。
しかも全員。

大阪十三 恐るべし
と、言いたい所ですが完全に自己責任。
街のせいにしちゃいけない。
反省しております。

いくつか写真をアップしてますが、俺のデジカメがツアーの途中で
壊れてしまい、データがほぼ消えてしまいました。
詳しくは名古屋編をご参照下さい。
アップされてるほとんどの写真は織田君から貰ったものです。
織田君ありがとう。

結構良い写真あったんだけどなー。
残念。

大坂編後半に続く

現場検証ツアー @大阪ファンダンゴvol2

ファイル 131-1.jpgファイル 131-2.jpgファイル 131-3.jpg

そんなこんなでメンバー皆ズルズルと身体を引きずりながら
十三 ファンダンゴへ。
昔から名前は知っていましたが、格好良いライブハウスでした。
壁一面には色んなタイプのグラフィティが施され、ギターの形をした
人形みたいな物もあったりして凄く面白い。

ここで数々の伝説が生まれて行ったんだよなー などと思いながら
ロコフランクと再会を。
相変わらずナイスな3人組。

間もなくファッキューが到着し、次にディープも無事大阪IN。
次第にこのツアーに対する士気が高まる。
リハを済ませ各々やるべき事をやりつつ、徐々に気合いを体内に込めて行く。
この頃には酒も抜け始め、身体も戻りつつあった。
ここらじゃ一番旨いと評判(実際旨かった)のたこ焼きを食べながら
しばし皆と談笑。

さあ、どう出るツアー初日。

トップのディープが、いつも通りフルスロットルなライブをぶち噛ますのを
見てたら、そりゃあもうこっちの血が巡っちゃうって物。
2番手のロコも地元大阪でグイグイお客さんを上げて行く。最高。

そしてカモメ。
ルガーツアー以来の大阪。
楽器隊の準備もばっちり。お客さんから声援が上がる。
いざ、本番。
曲毎に戻ってくるいつもの感覚。汗でアルコールを完全に抜く。
汗っかきで良かった(前方の方はすみません)
お客さんも、こちらの気持ちを上げてくれるようなレスポンス。
良い。大阪ソーグッド。
演奏時間いっぱいでステージを後に。楽しかったなー、ファンダンゴ。
ありがとう、大阪の皆さん!

トリはファッキュー。フロアーの爆発っぷりが凄かった。
2回のアンコールを受け、最終的には初期衝動スタイルで応酬。
完全にファッキューの圧勝だったね。
凄く良かった。

無事に大阪公演を終えて、ファンダンゴ近くの打ち上げ会場へ。
ファンダンゴの加藤さんも参加して下さって嬉しかったです。
しかし、前日の飲み過ぎもあったので、皆さんには大変申し訳ないが
そこそこ早めにあがらせて頂きました。
帰りにロコフランクの3人がわざわざ見送ってくれたんだ。
本当、ナイスな3人組。
大阪公演サポートしてくれてどうもありがとう!

ファンダンゴ加藤さんとスタッフの皆さん、ロコフランクとスタッフの皆さん
そして大阪公演に参加して下さったお客さん
ありがとうございました!楽しかったー。
また来年行きます!