リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー

記事一覧

ツアーファイナル 渋谷クアトロ

6月の半ばから始まったこのツアーも、いよいよ最終日。
3ヶ月間、ただただ音楽に浸かりまくった週末もこれを
終えたら一段落つくのだと思うと、ホッとしたり寂しかったり。
本番前日はゆっくりと身体を休め、翌日に備えました。

本番当日、常磐線に揺られながら渋谷へ。
クアトロの入り口には柏アライブから花が届いてる!
アライブの皆ありがとう!!
楽屋に入ってメンバーの顔を見ると何故か落ち着きます。
ここで、「ああ、俺は今日凄く緊張してるんだな」と言う事に
気付きました。
楽屋にはハワイアンクルーが居て、挨拶を交わし暫し談笑。
まだ時間は早かったのですが、メンバーもPAのアソウ君も準備が
整っていたのでリハーサルを。
少し心配な要素はありましたが、何とか終了。
気分転換にサンボマスターが居るラママと、ディープスローターと
ディスチャーミングマンが居るオンエアーネストに向かおうと思い
エレベーターで降りると、そこにはディープの面々が!
彼等も会いに来てくれたんだよね。凄く嬉しかったです。
ディープの皆ありがとう!
先にラママへ行ってサンボの皆と話して、次にネストへ。
ディスチャーミングマンの蝦名君と久々の再会。
少ししか話せませんでしたが、札幌での再会を誓ってクアトロに
踵を返しました。蝦名君、Tシャツをありがとうございます!

戻ると、ちょうどクロスフェイスがリハ中だったので、じっくり鑑賞。
一緒に見ていたカメラクルーの上ちゃんと「良いねえ!」を連発。
楽屋ではメンバー、リハを終わらせたハワイアン、スタッフ勢揃いの
いつもと何ら変わらぬバカ話と風景。
でも、心ここにあらずだったなー。緊張してたなー(笑)
クロスフェイスの皆とも挨拶し、オープンの準備。
開場とともに楽屋に来て下さった方や、友人達から差し入れを
沢山頂きました。ありがとうございました!
そしてかなりのお客さんの数!!
嬉しかった...!!!!

一番手はクロスフェイス。
新曲中心のセットで、会場をグングン上げにかかってました。
途中の機材トラブルも何のその。吹っ切れたステージングは
潔く、爽快でもありました。
次のハワイアンも、相変わらずのはっちゃんのアジテーションと
3人のパッションが相まみれて、熱く良いライブでした。
途中ではっちゃんが拳でシンバルを叩くところがあって、
俺も思わず拳を握ってしまいました。

そしてkamomekamome
俺達は頭から最後まで、全てを出し切りました。
ステージに上がり、後ろの方まで埋まっているお客さんを見て、
しかも沢山の方々が腕を挙げていて、物凄い歓声を聞いた瞬間に
言霊の力を強く感じました。
生きてて良かった と思う事はそうそう無いと思いますが、
この日は正にその言葉がドンピシャにはまる1日だった。
ありがとう皆さん、本当にありがとう。

また更に成長したカモメカモメを皆さんにお見せ出来るよう
メンバー 一丸となって頑張って行きます。
まだまだ頑張りたい。
まだまだ頑張るぜ!!

クラブクアトロのスタッフの皆さん
力を貸してくれたハワイアン6とクロスフェイスの皆
ツアー中、無償で運転してくれたレトロマニアのコウタ
上ちゃん始めカメラクルーの皆さん
スチールカメラ ほっくん
上原社長
遊びに来てくれた友人達
お世話になりました。
ありがとうございました!

そして、あの日沢山のイベントがあったにも関わらず
クアトロのライブを選び、足を運んで下さった皆様
心より厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました!!
またどこかのライブハウスでお会いする日を心待ちにしています!

kamomekamome代表 向 達郎

追記:八食からツアーファイナルの写真がアップ出来ていなくて
   申し訳ございません!
   近日中にアップ致しますので、そちらも楽しみにして頂けたら
   幸いです。

ツアー後半レポート

遅くなりましたが、ツアー関西~九州~東海編です!
先ずは京都。
9/10 我々カモメチームは本番前日に京都イン。
夜はF.I.Bとウーピーズ店長の山田君と合流し、
ホットな京都の夜を満喫。
水玉屋の温野菜が美味いはF.I.Bの皆はめちゃくちゃナイス
な人達だわで、打ち上げくらいの勢いで飲んでしまいました。
ヘベレケでホテルに帰り就寝。

翌日は割とあっさり起きて、初の京都ウーピーズ。
壁のグラフティが格好良い。
対バンは、MOGA THE ¥5 / LABRET / STONELEEK / RUNNER
BURNING SIGNと、主催のF.I.B
しかもこの日はF.I.Bと山田君の粋な計らいで
フロアーライブに!
おおー、上がるぜ。
俺の青春、モガのステージを見ながら色んな事を思い巡らせたり
バーニングサインの暗黒ハードコアサウンドに身体を揺らして
みたり。その現場の空気を堪能。

いざカモメの本番、初っ端からお客さん達がぶち上がる。
演ってる側も見てくれる側も、一緒の目線が心地良い。
盛り上がってくれて嬉しかったし、凄い楽しかったよー。
締めはF.I.B
超タイトな演奏と、ボーカル中途君の独特なメロディーライン
故の悶絶パッション!
一気にファンになりました。
最高。

打ち上げはそのままウーピーズで。
王将の餃子(サンキュー J.J!)とビールも美味かったし
何よりモガのニシタニさんとお話できて嬉しかったー!
ありがたいひと時でした。

ウーピーズ山田君始めスタッフの皆さん
対バンの皆さん
F.I.Bの皆(ナーイスガイズ!)
来て下さった皆さん
ありがとうございました!!


京都を出発する朝、なぜか5時頃に目が覚めてしまい
これはチャンスと思い、清水寺へ。
朝一の清水寺はまさに清々しく、全てが美しく光ってました。
深く息を吐き、深く息を吸いを繰り返し歩いていると
頭も冴え始め、体内の血の巡りも良くなっていくのが分かります。
良い時間を過ごせて良かった。

さて、カモメチームは初の土地 滋賀県は四日市へ!
F.I.Bも一緒だし、楽しい夜になりそう。
俺が下調べをした所、四日市はトンテキが有名だそうで
既にメンバー間でTON-TEKIコールが。
京都から約2時間走り、この日の現場 クラブ ケイオスへ。
ハコの横のフロアーにはレコードショップもあったりで
良い雰囲気のライブハウス。
ツアー四日市場所は、LIBERATED STAINが組んで下さいました。
対バンはF.I.B、NOTIIBELIKESOMEONE、ensavagement
そしてLIBERATED STAIN
この場を借りて、今一度御礼申し上げます。
ありがとうございました!!

リハを無事に終わらせて、F.I.Bと一緒にトンテキを食べに。
もう美味いのなんのって、美ん味いよ!
大盛りをぺろり であります。
食事を終えて、しばし自由行動に。
俺は街を探索したり、ケイオスの近くのパンクショップで
買い物したり。
会場に戻ると既にF.I.Bが始まってました。
良いよー、F.I.B
この日のオーガナイザーLIBERATED STAINはとにかく
熱いライブ!
メタリックなハードコアサウンドで、会場を沸かしてました。

初の四日市!お客さんの具合は如何か?と思ってましたが
ここでも初っ端から爆発してくれる方が沢山!
うおー、嬉しい!!
終始、歓迎して頂けたみたいでありがたかったです。


クラブケイオスのスタッフの皆さん
対バンの皆さん(F.I.B 2日間ありがとう!)
LIBERATED STAINの皆さん(お世話になりました!)
来て下さった皆さん
ありがとうございました!


福岡!柏から車で13~14時間!遠い!
なので、前乗り。もう一つの目的はモツ鍋です。

9/16 高速マスター、コウタ(レトロマニア)の運転で
夜0時に出発。
ちょいちょい休んで福岡に着いたのは16日の15時過ぎ。
いんやー、分かってはいたけど遠かった。
着いて早速ホテルにチェックイン。
一休みしてから皆でモツ鍋屋に。
「もつ将」と言うお店に行ってきました。
あんな美味いモツを頂いたのは初めて!
新鮮なプルっプルもつと、赤霧島を堪能しました。
既に合い言葉は「来て良かった!」
旅の疲れもあったので、この日はおとなしく帰りました。

翌日はグラフと言うシャレたライブハウス。
ここのグラフティも良かったなあ。
対バンはGARLICBOYS / S.M.N. / Anthem Of Dying Day
ガーリックと福岡で落ち合えるなんて乙じゃない。
しかも岡山と大阪もガーリックと一緒。イエス!
ハコで対バンの皆さんと挨拶を交わし、リハも無事に終了。
本番までラリーさんとS.M.N.の方々と談笑。
久々に見るガーリックは相変わらずなステージ運びで良かった。
新しく入った、ドラムのリョウ君も早速バンドに馴染んでる
様子で、今後も更に楽しみです。
初めて見るS.M.N.もこれまたタイトな演奏で迫力ありました。
現場叩き上げの音を出してたなあ。
彼等はこの日を皮切りに、新譜のツアーが始まるそうです。
気をつけて行ってらっしゃい!

さてさて、初の福岡場所。
準備を整え音を出し始めると、良い具合に歓声が沸き上がる。
ありがたい...!!
前の方のお客さんは一緒に歌ってもくれている。
本気でありがたい!!
ここでも終始歓迎して頂けました。
このブログにコメントを下さる方にもお会い出来たし
九州に住んでいらっしゃる方で、わざわざ東京まで見に
来て下さったのに、ライブに間に合わなかった方とも
約束を果たせたし、良い夜でした。
福岡、ソーグッド!!
ガーリック、Anthem Of Dying Day
S.M.Nの皆さんも本当にありがとう!

福岡グラフのスタッフの皆さん
来て下さった皆さん
お世話になりました!
ありがとうございました!


福岡を後に、我々は岡山へ。
ペパーランドに行くのはヌンチャクの頃に行ったきりで、
かれこれ10年以上も前の話。
高速を降りて、何となく見覚えのある道を走り、メンバーにも
何となくな話をしたり。
結局は、ペパーランド変わってなかった!!
が結論でした。
ペパーランドのオーナー夫人の能勢さんは、とても
チャーミングな方です。能勢さん、ありがとうございました。

ハコに着き、リハを終えるとガーリックの面々が。
暫くしたらこの日の対バンのハワイアン6とアイドルパンチの
皆さんも勢揃い。皆初顔合わせではないので、本番前はかなり
リラックス。ありがたい。
一番手は岡山代表のアイドルパンチ。物凄い昔になんかのファッション誌
で彼等を紹介していて、好きなバンドは?みたいな質問に
「ロスクルードス」 と書いてあり、その時から「いつか見てみたいなあ」
と思ってました。
間違い無かった。ハイパーテンションで、ルーツが往年の名ハードコア
バンドからバンバン感じられる様なライブ。更にコミカルなもんだから
取っ付きやすい。楽しかったし、懐かしくもありました。
続いてハワイアン6。ハワイアンともこの日を入れてファイナルまで
3日間一緒。嬉しい。
ライブは説明不要。はっちゃん、徹ちゃん、ユウタ君は良いバランス
とれてるよなあ といつも思います。
お次ぎはガーリック。大先輩。そして大好きな友人。
年を重ねる毎に、説得力が増して行ってる気がします。
その内、その凄みすら越えてしまうのでは?とまで
思えてしまう位。俺はそれを見てみたいです。

岡山。言わずもがなカモメ初の土地。
本番前の緊張はいつのも2割増。でもこのツアーで培った
物はでかかった。顔は強ばらず、ステージに上がったら
大丈夫ではないけど、大丈夫と言う不思議な暗示が掛かるのです。
お客さんも盛り上がってくれる。
心底ありがたい...!!
カモメ初のダブルアンコールまで起こり、大感謝です。
ありがとう!!

打ち上げはアイドルパンチのラッコさんのバーガーショップ
ラコスバーガーで。
美味かったー!ラッコさん、ご馳走様でした!

ペパーランドのスタッフの皆さん
ガーリックボーイズ/ハワイアン6/アイドルパンチの皆さん
マミちゃん(良い話をありがとー!)
そして来て下さったお客さん
ありがとうございました!!


岡山から車で約2時間、我々は大阪へ。
目指すは十三ファンダンゴであります。
着いて早速リハを。この日からPAにアソウ君が付いてくれます。
心強い!!
この日の対バンは岡山に続きガーリックとハワイアン、それに
クロスフェイス!おおー、楽しみだぜ。
リハを難なくこなし、皆で十三駅前のカレー屋に。
インドカレーと日本のカレーの間の子みたいな感じで
非常に美味い。
ハコに戻るとガーリックがリハーサル中。
地元大阪でガーリックを見れるなんて贅沢だよね。
俺達はオープン前にホテルにチェックインし、しばし休憩を。
オープン前に戻り、ファンダンゴ加藤さんと再会!
加藤さん、今回もお世話になりました!
ハワイアンと挨拶を交わし、クロスフェイスのテル君(俺のアイドル!)
とも再会を祝す。
F.I.Bの中途君とペロも遊びに来てくれました。ありがとう!
さあさあ、本番!
先ずはクロスフェイス。
彼等とは、今年の5月にアンティノックで対バンしたのですが、
その余りにも凄まじいステージングに一発で持って行かれ、
今回の大阪公演と東京公演を熱望したのです。
普段、ハードコアパンクのライブに行く方はあまり馴染みの無い
バンドだと思ったし、是非そう言う方にも見て頂きたいと
思い、今回実現出来て良かったな と思っております。
いやいや、クロスフェイスやってくれた!
すんげーライブでした。
ハワイアンはファンダンゴの熱量を一気に上げ、
ガーリックで既に酸素はほぼ無い状態に。

カモメでお客さんはここまで熱くなってくれるか?
の心配をよそに、一曲目から凄まじいパッション対決となりました。
ぶつける、受けて返される の繰り返し。
終盤の頃には超トランス。
皆良い顔してたなあ、大阪の皆さんありがとう!!

なかなか引かない汗もそのままに、近くの居酒屋で打ち上げ。
ハワイアンのはっちゃんとESPの丹ちゃんはガネの事がお気に入り
らしく、ガネを最終形体の一歩手前まで持って行く事に成功。
俺はテル君と話す。凄い子だよこの子は!
一次会では飲み足らず、ラリーさん達とナミ平通りでもう一杯。
ガーリックとはこの日でお別れ。
3日間お世話になりました!ありがとうございました!
ハワイアンとクロスフェイスは、クアトロでの再会を誓い合い
お開きに。
良い夜だったなあ。
ファンダンゴの加藤さん始めスタッフの皆さん
ガーリックボーイズ/ハワイアン6/クロスフェイスの皆
来て下さった皆さん
ありがとうございました!!
大ーーーー阪!!


9/22 カモメ6人目のメンバー コウタ(レトロマニア)の運転で
名古屋へ前乗り。
ツアー遠征はこれで終わりかあ と思うと寂しい気持ちにもなります。
朝出て、着いたのが昼過ぎ。
皆お腹がぺこぺこだったので、ダーちゃんのナビでトンカツの名店
「矢場とん」へ。
注文したのは、みそカツとソースかつのハーフ&ハーフ。
新鮮な豚肉を良い油で揚げてるんだろうなあ。物凄くジューシーで
柔らかく、みそもソースも肉の旨味を損なわない程度に味を尊重してて、
とても美味かったです。偉そうですみません。
この日の宿はハックフィンの上の長楽と言う、バンドマンにはお馴染み
の宿。ヘンリー塚本の作品に出てくるような、「ホテル」では無く「宿」。
沁みるね。身に。
ちょっと身体を休めて、夜は味仙と言う中華料理屋へ。
どれを頼んでも美味しかったのですが、絶品だったのがコブクロ!
めちゃくちゃ辛いんだけど、すっごく美味い。
俺は辛いものが大好きなのですが、翌日ライブが無かったらもっと食べたかった。
(刺激物は喉に悪いそうです。辛い物もビールも大好きです。気をつけます...)
翌日の事も考え、珍しく1時過ぎには宿に戻り就寝。
早朝、半端ではない落雷の音で目が覚める が、また眠る。
それでも結構早い時間に起きて、Mr.ドーナツでお茶をして
すぐ下がハックフィンと言う安心感の中、二度寝。

昼過ぎに起きてハックフィンの皆さんに挨拶をし、リハーサルを。
対バンはaie/DOIMOI/NOT A NAME SOLDIERS
アイエは柏から駆けつけてくれます。ありがたい!
aieは新譜のレコーディングを終えてからの初ライブ。
新曲中心だったと思いますが、だいぶシンプルになったと思います。
が、やはりそこは一筋縄ではいかない曲構成は流石。早く新譜を聴きたいです。
NOT A NAME SOLDIERSは、ハードコアパンクと言う言葉がビシ!っとはまる
バンドでした。超イカしてた。1997も楽しみにしてます。
ドイモイ。HR/HM風なリフレインが印象的なロックバンド。ステージの正面で
聴いたら気持ち良さそうだなあ。

久しぶりの名古屋。
お客さんが熱い!曲によってはモッシュorダイな感じが嬉しい!
アンコールをやってもまだアンコールが。
うおー、ありがたい!けれども時間も押してたし、気力も精一杯だったので
この日はダブルアンコールは受けられませんでした。
来て下さった皆さん、すみませんでした。
そして、鳴り止まないアンコールを本当にありがとう!!
俺は翌日仕事だった為、aie号に乗せてもらいメンバーより
一足先に柏に戻りました。
この場を借りてaieに厚く御礼申し上げます。
aieの皆、どうもありがとう!

今池ハックフィンのスタッフの皆さん
aie/DOIMOI/NOT A NAME SOLDIERSの皆さん
一平君(TEASHIのCDありがとう!)
そして来て下さった皆さん
お世話になりました!
ありがとう!!


ここまで読んで下さってありがとうございます。
このツアーで印象に残っているのが、関東でも東北でも九州でも関西でも中国地方でも
東海.北陸地方でも、どの現場でも、来て下さった多くの方が熱心に俺達のステージを
見て下さり、一つも取りこぼさぬ勢いでメンバー各々のプレイを凝視し、
踊り狂い、俺の歌を一緒に、しかも楽しそうに歌ってくれている場面を
ステージ上から幾度と無く見て来たと言う事。
俺は心底嬉しかったし、ありがたかったです。
ハッピーリバースデイ.トゥーユーを作って良かった。
そこに行き着きました。
ありがとう皆さん!
また皆さんの街に行く事があったら、俺達はもう一度皆さんと会いたいです。
各会場に足を運んで下さった皆様
本当にありがとうございました!!!

いざファイナルへ!