記事一覧

bachoの新譜について

小学校からの親友でムラケンって人が居てね、去年の今位に彼と本当久々に再会したんだよ。
しかも地元では無く遠い土地で。カモメがライブに行った土地で。
お互いの連絡先知ってるのに、俺は彼が忙しいの知っているから敢えて連絡せず
だったんだけど、彼は来るのを黙っててチケット買って来てて。
終わってステージ降りて声掛けられて当然驚いて。
その前に会ったのがヌンチャクの再結成の時だったから、
7年ぶり位の再会。勿論仲違いとかは無いんだけど、
俺にとって物凄く大切な人だから、会った瞬間涙が溢れてもうやばくなっちゃってね。
あんな気持ち初めてだった。ああ、ここに来ること知っていてくれていたんだなあ とか、水臭えじゃん! とか、
カミさんと子供と親父さんとお母さん元気にしてる? とか
訳分からない感情に陥ってしまってね。二人で誰もいない楽屋でボロボロ泣きながら、
互いに何でか分からないけど、「ありがとう」って言ってた。ハグして超言い合ってた。
落ち着いて軽く一杯やって、他愛のない会話も全てが愛おしくて、小学校の時近くの神社でブランコ乗ったりしてたのを思い出した。
堪らなく嬉しかった。

今、そこまで気持ちを引張てくれたのがbachoの新しいアルバム。

なぜかって?キンヤが俺の思いを全部分かり易く代弁してくれてたから。
彼らの新譜を聴いて1年前の事をばっちり、そして有難く思い出させてもらった。これを読んでる方にも、大切な人との思い出や、
そこに付随する代え難く言葉にならない想いをお持ちの方がいらっしゃると思う。
俺は良かったよ。ムラケンと出会えて。めちゃくちゃ良かったよ。
そしてありがとうbacho。俺の代わりにこれを言ってくれて。このタイミングで俺に書けない言葉とサウンドで発信してくれて。
少なくとも俺は、また音楽を頑張ろうと言う気持ちになりました。

彼らの最新作「最高新記憶」その名に恥じない名盤であります。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー